Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

睡眠不足の問題

 忙しい現代人にとって,寝る間も惜しむ日々が続いているのではないでしょうか.

 NHKの調査で,日本人の睡眠時間は年々減少傾向にあり,少し古いのですが2010年で平均7時間14分(平日),40代女性は6時間28分と最も短い結果となりました[1].別の調査の海外 (アメリカ,カナダ,メキシコ,イギリス,ドイツ) との比較でも日本人の睡眠時間は短く,平均6時間22分という結果が出ています[2].なお,次に短いのはアメリカで6時間31分でした.

 また,米国では1990年代後半から話題となり,国内では昨年厚生労働省が発表した国内のインターネット依存症の中高生が51万人という推計[3]が発表され,正に大人から子供まで睡眠不足な現代人が浮き彫りとなりました.
最近の研究で,理想的な睡眠時間は6時間半~7時間,という報告があります.アメリカの大規模調査では7時間半が最も死亡率が少なかったそうです[4], [5].一方,寝過ぎも良くなく,7時間半以上の睡眠は短命傾向にあるそうです.また,睡眠と脳の老化との関係についても調査がされており,7時間が最もよい睡眠時間だそうです[6], [7], [8].IKEAの調査では,睡眠不足による経済損失は東京で4,757億円だそうです[9].

 さて,睡眠不足になると,どの様な悪影響があるのでしょうか.

 WebMDが10個に症状をまとめています[10], [11].かいつまんでいくと,
  ・事故を起こしやすくなる
  ・能力が低下する
  ・生活習慣病にかかりやすい
  ・性欲減退
  ・うつ病にかかりやすい
  ・肌の老化
  ・肥満
  ・死にやすい
  ・忘れっぽくなる
  ・判断を誤る
といった症状です.特に不眠症と感じる方は,うつ病の可能性があります.また,睡眠不足は満腹感をもたらすレプチンの濃度を下げ,食欲を刺激するグレリンを高め過食になりがちとなり,上述の通り肥満をもたらします[12].さらに,4時間睡眠を1週間続けた実験で,被験者は糖尿病患者の様な高血糖状態になったそうです[13].がんのリスクも高くなるそうなので,7時間の睡眠時間を確保したいものです.

[1]小林利行, 諸藤絵美, 渡辺洋子. "日本人の生活時間・2010~減少を続ける睡眠時間,増える男性の家事~". 日本放送協会世論調査部. 2011-4-1. http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2011_04/20110401.pdf. (viewed 2014-3-9).
[2]National Sleep Foundation. "2013 International Bedroom Poll - Summary of Findings". http://sleepfoundation.org/sites/default/files/RPT495a.pdf. (viewed 2014-3-9).
[3]日本経済新聞. "ネット依存の中高生、国内に51万人 厚労省推計". 2013-8-1. http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0104I_R00C13A8EA2000/. (viewed 2014-3-8).
[4]Daniel F. Kripke. "Sleep less, live longer?". UCSD School of Medicine News. 2002-2-14. http://health.ucsd.edu/news/2002/02_08_kripke.html. (viewed 2013-3-9).
[5]不眠症対策のファイナルアンサー. "理想的な睡眠時間は7時間っていうのは嘘、本当?". http://www.fuminnsyou.com/quiz/suiminjikan/. (viewed 2014-3-9).
[6]Ferrie JE, Shipley MJ, Akbaraly TN, Marmot MG, Kivimäki M, Singh-Manoux A. "Change in sleep duration and cognitive function: findings from the Whitehall II Study.". Sleep. vol.34, No.5. pp.565-573. 20113-1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21532949. (viewed 2013-3-9).
[7]Susanne Meisel. "Sleep, sleep, glorious sleep…". ‘HEALTH CHATTER’: THE HEALTH BEHAVIOUR RESEARCH CENTRE BLOG. 2012-6-28. https://blogs.ucl.ac.uk/hbrc/2012/06/28/sleep-sleep-glorious-sleep/. (viewed 2014-3-9).
[8]認知症で要介護にならない脳トレ予防の老年若脳. "睡眠時間を間違えると脳が老化する?". http://www.magald.com/column/16-saitekisuimin.php. (viewed 2014-3-9).
[9]坪田聡. "寝過ぎは逆効果? 長生きできる最適の睡眠時間とは". 睡眠/理想の睡眠時間・睡眠不足対処法. All About. 2010-2-18. http://allabout.co.jp/gm/gc/301420/. (viewed 2014-3-9).
[9]イケア・ジャパン. "「睡眠に関する国際5都市比較調査」 “睡眠後進国”日本の首都・東京 ~ ロンドン、ストックホルム、パリ、ニューヨークの5都市中、睡眠満足度や日中の暮らしに感じる満足度が最下位!~". PRTIMES. 2013-10-10. http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000006550.html. (viewed 2014-3-9).
[10]Camille Peri. "Coping With Excessive Sleepiness - 10 Things to Hate About Sleep Loss -". WebMD. http://www.webmd.com/sleep-disorders/excessive-sleepiness-10/10-results-sleep-loss. (viewed 2014-3-9).
[11]中田綾美. "油断すると命とり!睡眠不足が招く恐ろしい症状8個". WooRis. 2013-9-10. http://wooris.jp/archives/52237. (viewed 2014-3-9).
[12]河合勝幸. "寝不足で糖尿病!? 眠りと血糖値の関係". 健康・医療. All About. 2008-2-25. http://allabout.co.jp/gm/gc/300414/. (viewed 2014-3-12).
[13]Business Journal. "1週間の4時間睡眠で糖尿病リスクが一気に上昇…明らかになる睡眠不足のデメリット". 2014-3-11. http://biz-journal.jp/2014/03/post_4347.html. (viewed 2014-3-12).
スポンサーサイト
healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |

お酒好きには嬉しい研究成果

お酒は好きだけれども、家族や周囲の目が気になって...という方も少なくないと思います。そんな方に、興味深い研究成果が発表されました。
英国医学研究審議会 (MRC: Medical Research Council) のCarol Emslie博士ら研究チームが、スコットランド西部のパブで30~35歳でグループで飲んでいる男性に対して調査しました (残念ながら調査報告は見つけられず、サンプル数等の詳細な情報は不明です。文献[2]が近い調査ではないかと思われます) 。
報告では、グループでテーブルを囲んで飲むことで心が開かれ、かつ他人を受け入れやすくなり、心理的健康に有効だそうです。また、過度のアルコール摂取を控える様にもなるそうです。

[1] Anna Hodgekiss. "Finally, an excuse! Going to the pub 'boosts a man's mental health'". MailOnline. 2014-1-21. http://www.dailymail.co.uk/health/article-2543243/Finally-excuse-Going-pub-boosts-mans-mental-health.html. (cited 2014-2-8).
[2] Carol Emslie, Kate Hunt, Antonia Lyons. "The role of alcohol in forging and maintaining friendships amongst Scottish men in midlife". Health Psychology. vol 32(1). pp. 33-41. 2013-1. http://psycnet.apa.org/journals/hea/32/1/33/. (cited 2014-2-8).
healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |

糖尿病

 糖尿病について、少し調べてみました。
 糖尿病は、既に解明された病気かと思っていたら、未だに不明な点も多く、特に肥満との関係については良く分かっていないようです。ただし、肥満は発症リスクを高める要因となっていることは分かっていますので、ご注意を。

 糖尿病は、簡単に言うと体のエネルギー源であるブドウ糖を細胞内にうまく取り込めなくなり、血中のブドウ糖が増加する病気です。インスリンの働きが悪くなったり、不足したりすることが原因です。このインスリンは、体内の血糖値を下げる役割をするホルモンです。従って、インスリンは食後の血糖値を下げたり、血液中のブドウ糖を細胞に送ったり、ブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変化させエネルギーとして蓄えたりする働きがあります。
糖尿病が恐ろしいのは、発症により合併症を引き起こすことです。糖尿病を発症してから適切な処置をしていないと、発症から10~15年で合併症が出てくるようです。合併症には、

・糖尿病神経障害
 手足の末梢神経に障害が出るもので、しびれが出たり、外傷の痛みに気が付かなかったり、筋肉が委縮や筋力が低下したりします。また、胃腸の不調等、様々な自律神経障害の症状も現れます。外傷に気が付かないために、壊疽を起こし下肢の切断となる場合があります。それだけでなく、血液への細菌感染症である敗血症を発症し死に至る場合もあります。

・糖尿病網膜症
 網膜の血管が悪くなり視力が低下して、失明する場合があります。高血糖な血液が、網膜にダメージを与え続けるため、網膜ではダメージを避けるために、非常に脆い新生血管が作り出されます。しかし、この新生血管から出血することで失明に至るというものです。また、糖尿病患者には白内障が多いとも言われています。

・糖尿病腎症
 人工透析となる原因の1位で、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなり、尿が作れなくなるため、人工透析により濾過する必要が出てきます。

があります。[1],[2]
 厚生労働省HPによれば、糖尿病には1型と2型があり、他の型もあるようです[1]。

・1型糖尿病
 インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊され、体内のインスリンが不足し発症するものです。子供の頃から発症するケースが多いのが特徴です。

・2型糖尿病
 国内患者の95%がこのタイプで、インスリンの生成量が少なくなって発症するケースと、インスリンの働きが悪くなり、肝臓や筋肉等の細胞がインスリンの作用を感じなくなり、ブドウ糖をうまく取り入れられなくなることで発症するものです。食事や運動等の生活習慣が影響していることが多いのが特徴です。

・遺伝子異常や他の病気が原因で発症
 遺伝子異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫異常等、他の病気が原因で糖尿病が発症するものです。薬剤が原因となる場合もあります。

・妊娠糖尿病
 妊娠中に発見された糖尿病で、新生児に合併症が出る場合があります。

 さて前述の通り、糖尿病には肥満との関連が最も高いことが分かっています。体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪とに大別されますが、両方とも消化の際に脂質とブドウ糖とに分解されます。ブドウ糖はエネルギーになり、脂質は皮下脂肪や内臓脂肪になります。脂肪細胞からは、アディポサイトカインという生理活性物質が分泌されます。このアディポサイトカインには悪玉と善玉とが存在し、善玉はアディポネクチンと呼ばれる物質になります。このアディポネクチンは、インスリンの働きを高めて糖尿病を防ぐ働きがあるのですが、内臓脂肪が増えると減少しインスリンの働きを弱めてしまいます。このため、高血糖となり糖尿病になることから、肥満の人は注意が必要です。

 ところが「肥満者と糖尿病が関係している」という考え方に疑問が持たれています。厚生労働省が、多くの糖尿病の人とそうでない人の体重を比較したのですが、両者の間にはほとんど体重差による違いがなかったのです[6]。このため、冒頭に述べたように、糖尿病と肥満との関係は良く分かっていないが、肥満は糖尿病を発症しやすいことが分かっているのです。
 やせている人でも糖尿病になります。脳は、体重が70キログラムの人で、毎日90グラムのブドウ糖を必要とします (体全体では360グラム) 。もしブドウ糖の摂取が減ると、脳は90グラムのブドウ糖を確保するために、体の他の細胞がインスリンに反応しないようにします。このため、ブドウ糖の摂取を減らしすぎると、かえって糖尿病になりやすくなるのです。

[1] 糖尿病ホームページへようこそ. "糖尿病を放っておくとどうなるんだ?". 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/result.html, (cited 2013-11-24).
[2] 糖尿病の原因を徹底解剖!まさかそれが原因とは…. "失明、下肢切断、透析…ホントに怖い、糖尿病の末期症状の実態". 糖尿病調査隊. http://xn--u9j627hohccyhp70bc4i.biz/the-end/, (cited 2013-11-24).
[3] 糖尿病の原因を徹底解剖!まさかそれが原因とは…. "貴方の体型は肥満ぎみ?血糖値の数値は大丈夫?". 糖尿病調査隊. http://xn--u9j627hohccyhp70bc4i.biz/himan/, (cited 2013-11-24).
[4] メディマグ. 糖尿病. "血液から見える健康-第14回 糖尿病と肥満-肥満に関連する検査". InCROM Inc. http://dm.medimag.jp/column/53_1.html, (cited 2013-11-24).
healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |

電子メール無呼吸症候群 (E-mail Apnea)

文献[1]が公開されて、国内のウェブニュースでも取り上げられ、話題になっているようです。
睡眠時無呼吸症候群 (SAS: Sleep Apnea Syndrome) は、様々な事故の原因となっていて、航空会社では睡眠時無呼吸症候群が懸念されるパイロットは操縦させない等の措置が採られています[4]。具体的には、体重過多のパイロットに対して検査を義務付けるというものです。
さて、今回の話題は電子メール無呼吸症候群というものです。
この言葉は、文献[1]にもある通り、L. Stone氏が2008年のブログで命名されたものです。ですから、5年程前に既に発表されていたのです。そして、文献[2]でこの無呼吸症候群でのストレスについて実験しています。
これが、どうやらニュース記事[3]で紹介されて火が付いたようです。
L. Stone氏は、姿勢や肥満等と関連付け、生理学的ストレスの発生へと仮説を展開しているようですが、今のところ睡眠時無呼吸症候群の様な大きなトラブルや、身体的な問題は無いようです。
考えてみれば、ヒトは集中すると呼吸が止まるものです。ですから、電子メール無呼吸症候群だからといって、不健康ということはないと思われます。

[1] Linda Stone. "Just Breathe: Building the case for Email Apnea". Huffpost Healthy Living. 2008-2-8. http://www.huffingtonpost.com/linda-stone/just-breathe-building-the_b_85651.html, (cited 2013-11-24).
[2] Linda Stone. "The Connected Life: From Email Apnea To Conscious Computing. 2012-5-7. http://www.huffingtonpost.com/linda-stone/email-apnea-screen-apnea-_b_1476554.html, (cited 2013-11-24).
[3] A. C. Estes. "I Stop Breathing When I Type and You Probably Do, Too". GIZMOD. 2013-11-8. http://gizmodo.com/i-stop-breathing-when-i-type-and-you-probably-do-too-1456397692, (cited 2013-11-24).
[4] Andy Pasztor. "米当局、パイロットの肥満検査を強化へ―睡眠障害に懸念 (FAA to Evaluate Obese Pilots for Sleep Disorder)". The Wall Street Journal. 2013-11-21. http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304152804579211201827667322.html, (cited 2013-11-24).
healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |

朝一番のコーヒーは良くないらしい

メリーランド州の制服サービス大学の健康科学科 (the Uniformed Services University of Health Sciences) のスティーブン・ミラー博士 (Steven Miller, Ph.D) によれば、目覚めのコーヒーはストレスを増長するそうです[1],[2]。Debonoらによれば、人間の24時間のリズムにおいて、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾール (cortisol) のピークが8:00~9:00にあるそうです[3]。このため、目覚めのコーヒーのカフェインは刺激が強すぎるため、むしろストレスとなってしまうそうです。
これを避けるには、朝10:30頃のコーヒーが良いそうです[1],[4]。また、コルチゾールの血中濃度のピークは、お昼から13:00、17:30から18:30にあるそうで、それ以外の時間帯でコーヒー (を含むカフェインの多い飲み物) を楽しんだ方がよいとのことです[1]。
昼食後1時間くらいすると眠くなりやすいので、それ位にコーヒー等を飲むのが良さそうですね。

[1] Steven Miller. "The best time for your coffee". NeuroscienceDC. 2013-10-23.
http://neurosciencedc.blogspot.com.au/2013/10/the-best-time-for-your-coffee.html, (cited 2013-11-25).
[2] Emma Innes. "Why 10.30am is the ideal time for a coffee: Our body clocks are most receptive to the effects of caffeine a few hours after waking". MailOnline. 2013-11-6.
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2488593/Why-10-30am-ideal-time-coffee.html, (cited 2013-11-25).
[3] Debono M, Ghobadi C, Rostami-Hodjegan A, Huatan H, Campbell MJ, Newell-Price J, Darzy K, Merke DP, Arlt W, Ross RJ. "Modified-release hydrocortisone to provide circadian cortisol profiles.". J Clin Endocrinol Metab. 94(5):pp.1548-1554. 2009-5. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2684472/, (2013-11-25).
[4] Richard Gray. "Best time to drink a cup of coffee: 10.30am". The Telegraph. 2013-11-6. http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/10430303/Best-time-to-drink-a-cup-of-coffee-10.30am.html, (cited 2013-11-25).
healthcare | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。