Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プライベートブランドの安全性

週刊ダイヤモンド7/6号から。
スーパーやコンビニで、安価なプライベートブランドが販売されています。中には、爆発的ヒットとなった食パンやスウィーツ等、様々です。
週刊ダイヤモンドでは、プライベートブランドの安全性についてランキングを発表しました。このランキングでは、添加物を多く含むハンバーグ、ハム、漬物、カップめん、スウィーツの成分を元に行っています[1]。
安全性ランキングは、以下の通りです。
   1. 日本生活協同組合連合会 (生協)
   2. セブン&アイ、AEON、西友
   5. ユニー
   6. ローソン、ファミリーマート
という結果でした。
6位のローソンについては、添加物を減らす努力が全く見られないそうです。スウィーツで人工甘味料を使っているのはローソンのみということです。プレミアム何とかあるのですが...
なお、web記事ではセブンプレミアムデミグラスソースハンバーグにリン酸塩が使われており、「セブンイレブンは2007年にリン酸塩の未添加に取り組むと公表していたはず」としています。
しかし、セブンイレブンの2007年度CSR報告[2]を見ると、リン酸塩の未添加に取り組むのはサンドウィッチ類に使用しているハム・ソーセージ類であり、ハンバーグは対象外です。この記事を書いた松井克明氏の筆は止まらず、セブンプレミアムしょうゆヌードルは添加物が多くて食べられたものではないとこき下ろしています。
まぁ、インスタントラーメンなんて、みな添加物の塊で似たようなものだと思いますが...

ちなみに、セブンイレブンの金の麺は、あのマルちゃん製麺を製造している東洋水産です。
マルちゃん製麺よりも金の麺の方が安いので、お得感はあります。
味は同じか、食べ比べていませんが...

[1] "PBを知れば企業がわかる 本邦初! 安心度ランキング". 週刊ダイヤモンド7/6号. 2013-7-6. http://biz-journal.jp/2013/07/post_2461.html, (cited 2013-12-12).
[2] セブン&アイHLDGS. "CSR Report 2007 企業の社会的責任報告書". セブン&アイHLDGS. p.32. 2007.
http://www.sej.co.jp/mngdbps/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/pdf/social/houkoku/2007/csr_2007.pdf
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。