Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ビールとラーメンと痛風

 ご存知の方も多いと思いますが、痛風の原因はプリン体と呼ぶ物質が原因です。
 このプリン体は、どの様なものなのでしょうか。少々専門的になりますが、Wikipediaによればプリン体 (プリン塩基) について、以下の様に説明しています。
 「プリン塩基は、プリン骨核を持った塩基である。つまりプリン環を基本骨格とする生体物質で核酸あるいはアルカロイドの塩基性物質である」[1]
さてこのプリン体は、肝臓で分解される際に、老廃物として尿酸が出ます。この尿酸は、人間の体に約1,200mgが存在しているそうです[2].
 ブログやFacebookを見ていると、ラーメンレポートやお酒や食事のレポートが多いですね。今日何を食べたとか、この店の料理が美味しいとか、行列ができるラーメン店や穴場のラーメン店とか、様々です。痛風は贅沢病とも呼ばれています。この様な食事は、影響するものなのでしょうか。

 日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改定委員会が発行した高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版(2012年追補ダイジェスト版) によれば、血清尿酸値7.0mg/dLを閾値として、それを超えると高くなるに従い痛風関節炎の発症リスクが高まるとしています[3]。それ以外にも、

  ・高尿酸血症の期間が長く、高い値である。
  ・アルコール、肉類、砂糖入りソフトドリンク、果糖の摂取量が多い、BMIが高い。

と、痛風になりやすいそうです。逆に、

  ・コーヒー摂取量が多い。
  ・ランニング距離が長い等適度に日常的運動をしている。

と、痛風になりにくいそうです。

 意外なのは、ビールはプリン体が多く含まれている、と思われがちですが、そうでもなさそうということです。蒸留酒と醸造酒では、蒸留酒の方がプリン体は少ないのは確か (ビールは醸造酒) ですし、ビールよりも発泡酒の方が若干プリン体は少ないようです[4]。ただし、機能性ビール系飲料で低アルコールとうたっていても、数値が高いものがあります。また、地ビールや紹興酒の数値は高い傾向にあります。例えば、ビールは12~25mg/350mlですが、地ビールは19~55㎎/330ml、紹興酒は21mg/180mlとなっています。量的には多くないのですが、ビールを毎日1缶(350ml)を飲むと、6年間で血清尿酸値が0.5~1.0mg/dL上昇するそうです。
 その他の食品ではどうでしょうか。健康食品と言われている納豆は113mg/100g[5]とプリン体含有量が高く、レバー類は210~320mg/100g、白子は300mg/100g、イカ、エビやイワシ、カツオは190~270㎎/100g、そしてササミ、砂肝、手羽、モモ等の鶏肉も120~150mg/100gとプリン体が多く含まれています[2]。つまり、お酒のつまみになる食べ物には、プリン体が多い食品が目立つと言えそうです。これにビール (またはビール系飲料) が加わることで、尿酸値は高くなるわけです。

 さて、次にラーメンについてみていきましょう。
 ラーメンのスープには、魚介系や豚骨等のプリン体を多く含む食材が使われおり、このためラーメン (のスープ) にもプリン体が多く含まれる結果となります。特に、煮干し等の乾物を使ったスープは凝縮されているため、より多くのプリン体が含まれることになります。スープは出来るだけ残し、叉焼等の脂肪分が多いトッピングは控えた方が良いそうです[6]。この様にラーメンは、高カロリー、高脂肪、高プリン体と、痛風を促進する食べ物と言えそうです。さらに、塩分が多いので高血圧症にも良くありませんね。どうしても、という場合は、野菜ラーメンにして、しばらくは食べないようにすることも必要な様です。

 この様に、どう見ても悪役のプリン体ですが、細胞の核に含まれるDNA (デオキシリボ核酸) の主成分で、エネルギーの伝達物質の素となる成分です。ヒトの体の細胞は古くなると分解され新しい細胞に入れ替わります。分解される際に古い細胞内の核が放出され、この核が分解されてプリン体となります。つまりプリン体が無いと、細胞分裂が出来なくなってしまいます。また、食事で摂った栄養をATP (アデノシン三リン酸) と呼ぶエネルギー源に変えるわけですが、このATPにプリン体が含まれ、体温維持に使われています。
 運動でATPが消費されると、ADP (アデノシン二リン酸) という物質に変わり、ADPはリン酸基と結合しATPに戻り、プリン体も再利用されます。ここで、急激な運動をすると大量のATPが使われ、ADPになるわけですが、ATPへの再合成が間に合わずにADPへの分解だけが進みます。このため、大量のプリン体が出来てしまい、分解されて尿酸になるわけです。
 プリン体を増やさないようにするには、激しい運動である無酸素運動は避け、ウォーキング等の有酸素運動が良いそうです[6]。

[1] Wikipedia. "プリン塩基". Wikipedia. http://ja.wikipedia.org/wiki/プリン塩基, (参照2013-10-2).
[2] プリン体.com. "プリン体で困ったら読むページ". プリン体.com. http://プリン体.com/, (参照2013-10-2).
[3] ガイドライン改定委員会. "尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版 (2012年追補ダイジェスト版)".
日本痛風・核酸代謝学会. http://www.tukaku.jp/wp-content/uploads/2013/06/tufu-GL2.pdf,
(参照2013-10-8).
[4] 公益財団法人 痛風財団. "アルコール飲料中のプリン体含有量". 痛風財団.
http://www.tufu.or.jp/gout/gout_4-2.html, (参照2013-10-8).
[5] 情報知恵袋. "プリン体が多い食品と含有量". 情報知恵袋. http://www.knack4life.com/purine/,
(参照2013-10-8).
[6] 痛風サプリメント.com. "痛風とラーメン". 痛風サプリメント.com.
http://xn--vckvb3bzb4b1c9928emgqc.com/ramen.html, (参照2013-10-8).
[7] アサヒプリン体予備校. ”体内におけるプリン体について学びましょう!”. アサヒビール.
http://www.asahibeer.co.jp/off/purine/period4.html, (参照2013-10-8).
スポンサーサイト

healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<野菜ジュースの危険性 | ホーム | ベテルギウス超新星爆発か?!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。