Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

糖尿病

 糖尿病について、少し調べてみました。
 糖尿病は、既に解明された病気かと思っていたら、未だに不明な点も多く、特に肥満との関係については良く分かっていないようです。ただし、肥満は発症リスクを高める要因となっていることは分かっていますので、ご注意を。

 糖尿病は、簡単に言うと体のエネルギー源であるブドウ糖を細胞内にうまく取り込めなくなり、血中のブドウ糖が増加する病気です。インスリンの働きが悪くなったり、不足したりすることが原因です。このインスリンは、体内の血糖値を下げる役割をするホルモンです。従って、インスリンは食後の血糖値を下げたり、血液中のブドウ糖を細胞に送ったり、ブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変化させエネルギーとして蓄えたりする働きがあります。
糖尿病が恐ろしいのは、発症により合併症を引き起こすことです。糖尿病を発症してから適切な処置をしていないと、発症から10~15年で合併症が出てくるようです。合併症には、

・糖尿病神経障害
 手足の末梢神経に障害が出るもので、しびれが出たり、外傷の痛みに気が付かなかったり、筋肉が委縮や筋力が低下したりします。また、胃腸の不調等、様々な自律神経障害の症状も現れます。外傷に気が付かないために、壊疽を起こし下肢の切断となる場合があります。それだけでなく、血液への細菌感染症である敗血症を発症し死に至る場合もあります。

・糖尿病網膜症
 網膜の血管が悪くなり視力が低下して、失明する場合があります。高血糖な血液が、網膜にダメージを与え続けるため、網膜ではダメージを避けるために、非常に脆い新生血管が作り出されます。しかし、この新生血管から出血することで失明に至るというものです。また、糖尿病患者には白内障が多いとも言われています。

・糖尿病腎症
 人工透析となる原因の1位で、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなり、尿が作れなくなるため、人工透析により濾過する必要が出てきます。

があります。[1],[2]
 厚生労働省HPによれば、糖尿病には1型と2型があり、他の型もあるようです[1]。

・1型糖尿病
 インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊され、体内のインスリンが不足し発症するものです。子供の頃から発症するケースが多いのが特徴です。

・2型糖尿病
 国内患者の95%がこのタイプで、インスリンの生成量が少なくなって発症するケースと、インスリンの働きが悪くなり、肝臓や筋肉等の細胞がインスリンの作用を感じなくなり、ブドウ糖をうまく取り入れられなくなることで発症するものです。食事や運動等の生活習慣が影響していることが多いのが特徴です。

・遺伝子異常や他の病気が原因で発症
 遺伝子異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫異常等、他の病気が原因で糖尿病が発症するものです。薬剤が原因となる場合もあります。

・妊娠糖尿病
 妊娠中に発見された糖尿病で、新生児に合併症が出る場合があります。

 さて前述の通り、糖尿病には肥満との関連が最も高いことが分かっています。体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪とに大別されますが、両方とも消化の際に脂質とブドウ糖とに分解されます。ブドウ糖はエネルギーになり、脂質は皮下脂肪や内臓脂肪になります。脂肪細胞からは、アディポサイトカインという生理活性物質が分泌されます。このアディポサイトカインには悪玉と善玉とが存在し、善玉はアディポネクチンと呼ばれる物質になります。このアディポネクチンは、インスリンの働きを高めて糖尿病を防ぐ働きがあるのですが、内臓脂肪が増えると減少しインスリンの働きを弱めてしまいます。このため、高血糖となり糖尿病になることから、肥満の人は注意が必要です。

 ところが「肥満者と糖尿病が関係している」という考え方に疑問が持たれています。厚生労働省が、多くの糖尿病の人とそうでない人の体重を比較したのですが、両者の間にはほとんど体重差による違いがなかったのです[6]。このため、冒頭に述べたように、糖尿病と肥満との関係は良く分かっていないが、肥満は糖尿病を発症しやすいことが分かっているのです。
 やせている人でも糖尿病になります。脳は、体重が70キログラムの人で、毎日90グラムのブドウ糖を必要とします (体全体では360グラム) 。もしブドウ糖の摂取が減ると、脳は90グラムのブドウ糖を確保するために、体の他の細胞がインスリンに反応しないようにします。このため、ブドウ糖の摂取を減らしすぎると、かえって糖尿病になりやすくなるのです。

[1] 糖尿病ホームページへようこそ. "糖尿病を放っておくとどうなるんだ?". 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/result.html, (cited 2013-11-24).
[2] 糖尿病の原因を徹底解剖!まさかそれが原因とは…. "失明、下肢切断、透析…ホントに怖い、糖尿病の末期症状の実態". 糖尿病調査隊. http://xn--u9j627hohccyhp70bc4i.biz/the-end/, (cited 2013-11-24).
[3] 糖尿病の原因を徹底解剖!まさかそれが原因とは…. "貴方の体型は肥満ぎみ?血糖値の数値は大丈夫?". 糖尿病調査隊. http://xn--u9j627hohccyhp70bc4i.biz/himan/, (cited 2013-11-24).
[4] メディマグ. 糖尿病. "血液から見える健康-第14回 糖尿病と肥満-肥満に関連する検査". InCROM Inc. http://dm.medimag.jp/column/53_1.html, (cited 2013-11-24).
スポンサーサイト

healthcare | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歩きスマホの危険性 | ホーム | 9つのソーシャルメディア活用法 2014年版>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。