Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪かきのマナー

 2月8日の大雪で、首都圏の交通網は麻痺し、高速道路が通行止めになったため、一般道での移動を余儀なくされました。このため、ノーマルタイヤの車のノロノロ運転と立ち往生、チェーンで氷が削られ道路はガタガタになり、それらが渋滞を引き起こす原因となりました。また、融雪された道路には、切れたチェーンがあちこちに散乱し、これも危険な状況を助長する一因となりました。
 さて、多くの家庭で雪かきをしたかと思いますが、そのかいた雪の処分を巡るトラブルも少なくないようです。例えば、雪を隣家の敷地に寄せるのは論外としても、道路に捨てたり、空き地に捨てたりした人も少なくないと思います。
 基本的に、雪かきをして出た雪は自分の敷地に寄せるのがマナーでありルールだと思います。家の前の道路の雪であっても、自宅側の道路の雪は自分の敷地に寄せるべきではないかと思います。

 道路に雪を捨てることで、その雪がなかなか溶けず、交通を阻害されたり事故を誘発する危険もあります。参考記事[1]によれば、道路に捨てた雪は、私道であれば個人の所有地なので妨害排除請求が出来るそうですが、公道の場合は難しいそうです。ですが、道路交通法76条第3項「何人も、交通の妨害となる様な方法で物件をみだりに道路においてはならない」と規定し、違反した場合は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金(同法100条3号)に処せられるとのこと[2]。
 また、道路法43条2号「みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること」をしてはいけないと規定し、違反した場合は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金(同法100条3号)に処せられるということです[3]。

 それでは、雪かきの雪を片付けられていないために車が通れないような場合は、誰に言えばよいのでしょうか。その場合は、警察に通報して警察から注意をしてもらうと良いそうです。それでも改善されない場合は、刑事告訴をすることになるかもしれません。
この記事には札幌の事情を紹介しています。
 札幌市民は、大量の雪を道路に置かざるを得ない状況にありながらも、車が通過できるだけのスペースを確保しているそうです。
 そういえば、関係なく道路に雪を撒いて捨てている人を、そこかしこで見かけました。
気を付けたいものです。

[1] 大久保誠. "「雪かき」で近所トラブル発生! マナーに反する除雪をストップさせられるか?". 近隣トラブル, 弁護士ドットコム. 2014-2-2. http://www.bengo4.com/topics/1158/. (cited 2014-2-13).
[2] 道路交通法. 2013-11-27. http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html. (cited 2014-2-13).
[3] 道路法. 2013-11-22. http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO180.html. (cited 2014-2-13).
スポンサーサイト

misc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<睡眠不足の問題 | ホーム | お酒好きには嬉しい研究成果>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。