Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テールランプでの挨拶は事故を減らすらしい

日本では、割り込みや急な車線変更等で後ろの車に迷惑をかけたかな、と思った時にハザードランプを使用することがあります。ハザードランプは、正式名称を「非常点滅表示灯」と言い、本来は後続や周囲のドライバーへ危険を知らせる目的で使用するものです。私は、道路工事で停車する際も、ハザードランプを点けて後続に知らせる様にしています。先頭で停車していると、勘違いして私の前に出ようとするドライバーもいますが...
さて、このハザードランプは、前述の感謝の意を表す、挨拶代りの使い方をするものではありません。HONDAでは、会釈や手で合図することを推奨しています[1]。ですが、便利なのか私もハザードランプを挨拶代りに使ってしまっています。

この様な挨拶としての使い方は日本だけかと思いましたが、イギリスやアイルランド、北欧諸国で行われているそうです[2]。中には、ハザードで挨拶されると、後ろのドライバはパッシングして返す、という習慣がある国もあるようです。
IRTAD (International Traffic Safety Data and Analysis Group: 国際道路交通事故データベース) によれば,この様な習慣がある国の事故率が低いという結果が出ているそうです。ただ、統計的な分析はされていないので、因果関係があるかはわかっていません。

[1] 本田技研工業株式会社: "ハザードランプの合図の意味", http://www.honda.co.jp/afterservice/advice/hazard-lamp/index.html.
[2] wordpreneur: "How Japanese drivers say Thank You. Pretty cool! ", reddit videos, http://www.reddit.com/r/videos/comments/2dswe3/how_japanese_drivers_say_thank_you_pretty_cool/, 2014-8-19.
[3] IRTAD: "Latest publications", http://internationaltransportforum.org/irtadpublic/.
スポンサーサイト

misc | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<インスタント麺を頻繁に食べると早死にするか? | ホーム | Facebookに関する研究2つ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。