Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昨日のカレーは美味しいか、それとも安全か?

マイナビウーマンの記事[1]から。

昨日のカレーは美味しい、とよく言います。
確か、「北の大地から」だったか登場人物のセリフに「昨日のカレーが一番の御馳走」という感じのセリフがあったような記憶があります。
それを信じて、学生時代はカレーを作り置きして食べたものです。
確かに、昨日のカレーは具材の旨味成分がカレーソースに溶け出して美味しくなるようです。
また、肉や野菜のたんぱく質が分解され、「イノシン酸」や「グルタミン酸」といった旨味成分へと変化し、カレーを美味しくするようです。
一方、香辛料は揮発してしまうため、風味や香りは無くなりマイルドな感じになります。
これが、ちょうど日本人の好みに合う「出汁が効いた」カレーになると考えられます。

ところが、一晩(以上ですね)常温で寝かされたカレーは、果たして安全でしょうか。
昨日の急須に残ったお茶を、翌朝飲むでしょうか。
加熱して温め直せば大丈夫、と思うかもしれませんが、腹痛や下痢を伴う食中毒症状を起こすウェルシュ菌は加熱しても死滅しないそうです。
つまり、後で加熱するからと言って、常温保存は危険ということなのです。
では、どうすれば良いでしょうか。
作り置きする場合は、できるだけ密封できる容器に入れて、急速冷凍保存するのが良いそうです。

[1] 松原麻依: "加熱しても食中毒に!? カレーの常温保存が危険なワケ「ウェルシュ菌は熱で死滅しない」「密封→急速冷凍が◎」", マイナビウーマン, , 2014-9-1.
スポンサーサイト

life | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カロリー、ダイエット...気になるけど、やっぱり肉が好き? | ホーム | アニサキス、それともアニキサス(兄貴刺す)?よくある間違い...かな?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。