Mt. Forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

危険な食品 その1

中国では大気汚染等の環境汚染が大変問題なっていますが、食汚染も問題となっています。毒餃子は国内で大問題となりましたが、殺鼠剤で死んだ鼠を羊肉として販売する、危険な毒物による殺菌や着色、添加等、枚挙にいとまはありません。
元記事は、女性セブン2013年10月24・31日号ですが、参照記事はNEWSポストセブン[1]です。
記事では、中国からの輸入品を取り上げています。

今回は、ピーナッツ類からアフラトキシン (aflatoxin) というカビ毒が見つかったそうです。アフラトキシンは、カビ毒であるマイコトキシンの一種で、10数種類の関連物質の総称[2]ということです。紫外線を当てると、強い蛍光を発するそうです。記事[1]によれば、ダイオキシンよりも毒性が強く、自然界最悪の強い発がん性を持っているそうです。

厚生労働省が公表している輸入食品監視業務違反事例[3]からも分かる通り、水際での輸入差し止めが行われており、日本に入る食材の多くは問題ないそうです。ですが記事では、この水際作戦では輸入食品の1割は流通を止めて検査を実施していますが、残りは流通させたまま検査を行っている[1]そうで、とても危険だとしています。

水際で防いでいるといっても、中国国内の食汚染は聞くに堪えないものが多く、中国産を避けたくなる気持ちになります。

一方、韓国産はどうなのでしょうか。
韓国日本領事館が公表している違反食堂現況[4]では、冷麺や韓国海苔、コングクス(豆乳に麺を入れた韓国料理) から大腸菌やセレウス菌が見つかっています。大腸菌は人間の腸内に存在する菌ですから、おそらくトイレで手を洗わずに、そのまま食品を扱ったために出たものと推測されます。セレウス菌は、土壌等にいる菌です。ただし、これは韓国現地食堂での事例で、先の違反事例からも分かる通り輸入された食品では見つかっていないようですので、安心して良いと思います。それに、1,599ヶ所2,038件の内、59件ですから一部とみて良いでしょう。
しかし数年前になりますが、韓国産キムチの異物混入が話題となり、日本向け韓国産キムチでは、寄生虫が見つかったとニュースになりました[5],[6]。これは、原料の白菜に野良犬の糞尿を肥料として撒かれたためということです。特に恐ろしい有鉤条虫は、ヒトの脳や眼球内に巣食うことがある[6]そうです。
にも関わらず、当時の民主党は3年間、韓国産キムチの衛生検査を免除するという暴挙に出ました。また、日本向けと思われる工場で、工員が唾を混ぜる行為がネットで流れました[5],[6]。
フランスでは韓国産キムチを有害食品に認定され、米国では韓国海苔にヒトの糞便が混入していた等、韓国における食品へに異物混入や汚染は、挙げればきりがないほど[7]です。
中には、中国産より危険度が高いという指摘[7],[8]もあるようです。このためか、キムチ貿易赤字が2013年1-8月期では、83億ウォン (約7億6千万円) となり、中国への輸出実績が2013年は無いそうです。ただし、これは中国が韓国産キムチに対し国際食品規格を適用せず、独自の漬物衛生基準を適用したためということです[9]。
ここで[5]、[6]はソースが古く、個人のブログ等からの情報であることをご承知おきください。また、現在は改善されていることを、切に望むばかりです。

[1] NEWSポストセブン. "中国産ピーナッツ類 「自然界最悪」の発がん性含むカビ毒検出". http://www.news-postseven.com/archives/20131015_218238.html, (参照2013-10-16).
[2] Wikipedia. "アフラトキシン". http://ja.wikipedia.org/wiki/アフラトキシン, (参照2013-10-16).
[3] 輸入食品監視業務違反事例. "違反事例速報(平成25年度)". 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/ihan/, (参照2013-10-16).
[4] Embassy of Japan in Korea (在大韓民国日本大使館). "違反食堂現況". http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_130724-01.pdf, (参照2013-10-16).
[5] 恐怖!韓国産キムチにネズミの死骸 日本向け輸出「衛生検査が3年間免除に」. http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1209.html, (参照2013-10-17).
[6] 武田内科胃腸科医院(山形)の第2ホームページ.
http://www42.atwiki.jp/takedanaikaichokaiin/m/pages/44.html, (参照2013-10-17).
[7] zakzak. ”韓国産“毒食”リスト「中国産より危険度高い」の指摘も 深刻な食品汚染の実態”. http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131003/frn1310031810003-n1.htm, (参照2013-10-17).
[8] NEWSポストセブン. "中国産米 イタイイタイ病を招いた重金属による汚染の危険性". http://www.news-postseven.com/archives/20131016_218275.html, (参照2013-10-17).
[9] YONHAP News Agency. ”「キムチ貿易」が低迷 4年連続赤字の見通し=韓国”. http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/09/26/0200000000AJP20130926001100882.HTML, (参照2013-10-17参照).
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<三日坊主に朗報?運動と水と健康 | ホーム | 米国 デフォルト回避・・・って?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。